自分の人生、自分で組み立てよう!

看護師としてのライフスタイルをワークバランスの観点から調整をする場合、元々転職が頻繁に行われる業界に於いて、更に人材需要が拡大していることから、自ら積極的なアレンジが可能な状況にあります。特に看護職ではその均衡を図る機会自体が他の職種に比べ圧倒的に多く、また看護免許は一生有効で、年齢や性別等に拘わらず実力と経験次第で柔軟なコーディネートが可能な特異な職種です。

そこで、具体的に仕事とプライベートとのバランスを図る場合、もちろん何を重視し、どの程度ウェイトを置くかは正に個々のライフスタイルの選択そのものであり、キャリアアップ又はペースダウンすることも選択の1つです。そして、その中でもワークバランスが取れたという場合は、やりがいや生きがいの問題であるため、それぞれの価値観やライフステージが反映します。もっとも、看護師の大多数が女性である点からは、長い看護師としての人生がある一方で、女性特有の人生の転機も訪れます。そのため、看護業界では以前から転職することが珍しくはなく、むしろ新卒から退職まで同じ職場で働くことの方が少なくなっています。

そして、慢性的な人材不足に加え、少子高齢化社会を迎えた現在では、活躍の場が大規模病院から個人診療所、訪問サービス、また各種介護福祉施設及びサービスと幼稚園や学校などの教育機関、私企業など広がっています。そのため、勤務形態や勤務時間の自由度、高い報酬だけでなく、個々の経験や得意分野を活かすことで、仕事へのやりがいを見出せるようになって来ているのです。このように、休日が確保しやすくなった事で、プライベートを充実させている看護師が増えています。あなたもプライベートを充実させたいなら、看護師の休日に注目している私のLifestyleに目を通しておくと良いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です